自分の習慣を見直してみてバストアップを目指してみる

自分の習慣を見直してみてバストアップを目指してみる

女性というのは体に関する悩みが尽きないものですが、その中でもバストの悩みを持っている方も多くいらっしゃるかと思います。バストは女性の象徴的な意味合いもあるものですから少し小さいと感じるだけでもコンプレックスとなってしまいかねません。好きな洋服や水着を堂々と着るためにもバストアップしたいと考えるでしょう。

 

バストアップをするにはいくつか方法があります。例えばバストアップサプリですが、バストアップ効果が期待されているプエラリアが配合されているものが人気です。しかしサプリメントに頼らなくても少し日頃の行いを見なおしてあげるだけでも効果が現れることもありますので、まずはそこからためしてみるのも良いかと思います。

 

まずは姿勢です。猫背だとバストが垂れてしまったり形が崩れてしまったりと思うようにバストアップできなくなってしまいます。デスクワークなどが多い方は座っている時に猫背になりやすいと思いますので、適宜体を伸ばしたりすることが大切です。

 

下着選びも大切です。自分の胸に合っていないブラジャーをしていると胸の形も悪くなってしまいますし、バストが背中に流れてしまい小さく見える要因となります。同じサイズ表記でもメーカーによって微妙に異なるため、試着をすると安心ですね。

 

適度な運動、特に有酸素運動はホルモンの分泌を促進する効果があるとされています。

 

ウォーキングは有酸素運動であり、正しい姿勢を心がけるきっかけにもなるのでおすすめです。また程よい運動はストレス解消にも一役買ってくれるでしょう。腕立て伏せや合掌のポーズなどはバストアップが期待できるため、運動するときに取り入れるのも良いかと思います。

 

バストに良い食べ物を摂取することも良いことです。大豆イソフラボンがバストアップに効果があるというのはもはや常識といっても良いほどですが、キャベツなどに含まれるボロンや、たんぱく質をバランスよく食べることも大切です。

 

人の手を借りるのも良いですが、まずは自分の習慣を見直してみてバストアップを目指してみるのも良いでしょう。